つぶやき ぱーとⅡ

季節柄か、なんとなくいろいろと考えにふけってしまう毎日ですが

1人で考えてると、1人の考えで円周し、外にでれないことが多いのですが

ブログに書いてみて、皆様からのご意見を聞いたりすると、ふっと枠からはみだすことが出来て

嬉しくおもっております。

言葉に出すと、伝えにくい考えも、文章に書いてみると矛盾も多々ありますが

伝えやすいものですねぇ~。

昔の友は、とっくにいっちゃってるから(嫁)、「おひとりさま」化が通常。

最初は、とても寂しく思ったりしてたのが、今では平気もへっちゃらも!どんとこい!

慣れなのか、キレなのか(笑)

食べること以外、趣味ってものがないので、ひたすら食い物関係の話題しか提供できず

こんなんではいかん! と、毎年のごとく反省しながら、食べもので埋め尽くされてる日常。

人見知りを直そうと、初対面の人も自分から話すように心がけてから、数年。

嫌われるのを恐れているより、知り合わない方を後悔しようと!!

仲良人と、去り人と、半々になりつつある数年、これでいいんだの強引ワガママ女に変貌!?

まっ、ワガママは昔っからですがねっ(苦笑)

ええ歳になって、周りからはどうみられているのやら・・・と「まれ」には思うけれど

マイペースでつきすすむだけさ。

来年の目標も「一歩前進」

何かが、一歩前にいってれば、善しとしたいね♪

今日もすこぶる 良好          なり
[PR]
# by kaponta | 2005-12-08 08:44 | ほか | Comments(2)

たんなるつぶやき

がたがたと屁理屈のべたくなりましたが、1人でごねろ!的なので、小さめコメントにしてみました。
まぁ、読んだろうと思ってくださった方だけ、どうぞ。

人間は影響されやすい動物なので、環境や状況、又人に聞いたりしたことで味覚というものは変わるものらしいです。自分自身の味覚に対して、全く自信なんてものはなく、信用もしていない(笑)
人から旨い店!いま一番人気店!むちゃ有名なシェフ!とか言われると、それだけで、旨いんだぁと思いこんでしまうのが人間。で、多少!?と思ってても、これが旨い味なのね・・・と思いこんでしまうらしい。
反対にあまりにも美味と聞かされてて、過剰反応で食べ初めると、「なんだ、たいしたことない」とも思ってしまう。まぁ、またまた反対にも同じことが言えるんだよね。あまり美味しくないと聞かせされたお店は、それなりのイメージを勝手に作ってるので、それ以上の味だったりすると(これが平均の味なのに)、意外と美味しいと感じてしまう。うーん、いったいドレが一番美味しい味なんだろうなぁ・・・。
なんかのコラムで読んだんだけど、ご褒美味覚はダメなんだそうな。これが出来たら、これをご馳走する!とかにすると、ご褒美の食事だから、美味しいと感じてしまうものになるらしい。ご褒美なんだから、美味しくて当然だと人間は判断してしまいがちなんだとか。なので本質な味の判断でできなくなるんだとか。
これを子どものころからの習慣にしてしまうと、もちろん味覚だけでなく、物への感覚も、本質の嬉しさや味などではないんだって。なんとなく納得。自分にてらしあわせるとそーなんだもの。
なので、自分自身にまったくもって信用していないのである。
これでいくと、雑誌やTVで紹介されているコメントなどをみず、自分の判断でお店選びして、食べてみるのが一番「美味しい」の判断ができるんじゃないの?
とは思っても、それでもいろいろなジャマものがジャマしちゃう!?
お店の雰囲気だったり、お店の方の対応だったり、シェフの作り方だったりで、かなり気分的に左右される。
どんなに美味しい料理でも、食べる場所がブラックだったり、不親切なスタッフだったりなんかすると、気分ダウンで味なんか関係なくなっちゃうもんね。
これが、自分好みの、くつろげる空間で食べる食事だったりすると、それだけで旨いじゃないかなぁ、と勝手に思い込みを始めてしまうんだと思う。
と、なると、どんな状態がいちばんその料理を影響もなく美味しいと感じることができるんだろう・・・・。
うーん、とここで屁理屈王は、考えてしまうのである。
自分にとって、一番左右されるのはなんだろう・・・。
とりあえず、『このシェフの料理が旨いと聞かされていったのに、シェフが調理してない』ってのは、旨くても却下!ランチ族にとっては、よくぶち当たる壁でもある。お昼は調理人の修行の場でもあるのか、トップシェフが料理場にたっていないお店は多々あります。
これでいくと、支店やチェーン化していくお店は、あまり好きではない。店名だけじゃん。
もちろん、大きなレストランなどになると、シェフ1人でできるわけではないので、仕方ないことなんだろうけど、それでも調理場にはたっててほしいと感じるのです。一般庶民のワガママですかね・・・・。

なぁんて、いろいろ考えてしまったのは、テレビ大阪の特番、大阪のシェフが東京にいっちまったのを見たセイか!? 日本のいろんなしがらみ関係の中にあって、それでいいのかぁ!?シェフになった以上、お客様対象じゃないのかぁ!? 
とえらそうにも、思ってしまったわけです。 

7千円以上もするランチ、15000円以上するディナー・・・・、一般ピープルには、遠いぜっ。
その中で、庶民の近くに位置し、それでいて最高の料理を提供されていたシェフ。
恩返しというより、まだまだ習いたい!という気持ちの方がでかかったのかなぁ・・・・と最後には思ったのであります。

料理人の方にとって、どの環境が一番幸せなんだろうねぇ~。
わがまま偏食な客は一番の迷惑者であるには違いない(笑)
が、それでも嬉しそうに美味しい料理をこさえてくれる、庶民の味方の料理人の方々に感謝!と改めて!!

根っからの大阪人。旨くて安いは当たり前。街はこぎたなくても(苦笑)、店はこぎれいがお好き。
笑顔の対応、大歓迎(笑)ワガママオーダーありがとう!!

今日もどこかで、いろいろ屁理屈こねながら食べてます。


[PR]
# by kaponta | 2005-12-06 12:16 | ほか | Comments(9)

神戸 湊川神社付近  パン屋さん 「Pasto」


Pasto
神戸市中央区橘町3-1-1西門ビル1F
078-371-3403 日・第2.3月休
11:30-soldout


パン教室の後、以前から気になってたお店散策に。

以前は、青空パンで結構ウワサだった女性のパン職人さんが、お店をもたれたと聞きました。

場所は、以前と同じく湊川神社の西門正面。

小さなショップなんだけど、パリのパン屋さんちっくな雰囲気で、みるからに美味そう感が漂ってます。

ガラスウインドゥに、小さめのパンがころころとならんでて、どれも「うまいよ」って声がきこえる感じ。
メニューは  (メニューリストから)

guraham bread・・・小麦の胚芽を生かしたビタミンミネラル豊富なパン
butter petty・・・バターをたっぷり練り込んだしっとりとしたプティパン
onion bagle・・・香ばしいオニオンの香りのベーグル
petty herb・・・塩味を少しきかせたハーブ入りパン。
HardToast・・・手間をかけてじっくり熟成させて生まれた小麦の甘み
ButterTOast・・周りの皮はクッキーのようにサックリ、中はしっとりした食感
fig・・・・・・セミドライフルーツのいちぢくを生地の中に練り込んだやさしい甘みのパン
himawari・・・あっさりとしたフォカッチャ生地にひまわりの種をクアセント

などなど、たぁくさん溢れてました。

店内には3席の小さなカウンターがあって、そこでも食べれるようになってます。

ちょこっと前なら、湊川神社の紅葉をみながら食べれていい感じだったかもぉ~。

・・・・・・・・で、何も買わなかった奴・・・・・・・・^_^;

何故だぁ! そんなバカなぁ!?

実は、時間がなくって・・・・(*_*; さぁ・・・。

待ち合わせの時間がせまってたので・・・・さぁ・・。お客さん待ちもでてたので・・・さぁ・・。

この日は、いくつもりではなかったのだけど、やはりここまできたからには、見ていくべ!

と、元町商店街から、湊川まで歩いてみました。

意外と近いんやねぇ~。これならいつでもいけそうなので、次回は是非ゲットしてみたいと思います。

そのかわり!? ではないですが

あの「マニパン」が、ここもお店を構えてました!!  びっくり

ここの露天売りしてたのにぃ~、みなさんすごいです。

マニパンは、天然酵母なのに、すっぱくない白神酵母系なので、ハードパンではなく、しっとり系の柔パン。

パン自体も甘みが感じられる、どちらかといえば懐かしい感じのパン。

食感がとてもよくって、しっとりモチモチがいいです。トーストすると甘みが増すかんじ。

今回は、ロールではなく、食パンを購入してみました。どっしり感が天然酵母と国産のなせるわざか!

ハード系ばかりでなく、たまにはこうゆうパンも美味しいよねっ。
[PR]
# by kaponta | 2005-12-05 12:17 | pan | Comments(2)

神戸  Matilda's cook


Matilda's cook
神戸市中央区明石町44 トーシンビルB1
078-322-4077
10:00-22:00


久ぶりの三宮!

パン教室帰りに行ったのは、神戸大丸の東側 地下の「マチルダクック」。デリカフェです。

ランチは、4種類ほどあり

   ・サンドランチ (デリ2種・サンド2種・ドリンク付)  680円
   
他、サラダランチや、デリ5種でパンかごはん・味噌汁セレクトのランチ、丼ランチなどが1000円以内で。
デリは、好きなものをセレクトできます。

マイチョイスは、田楽風大根と、キノコソテー。 

サンドは、決まってて、ゴマパンに 具が卵とチーズハムの二種。

まぁ、それなりに無難なお味で、デリカフェならこんなもん?!

地下に位置するわりには、結構人気店のようでした。それでも穴場といえるかもしれない。

わざわざ、行くほどではないかもしれないけど、近くに働いてたら利用できそうなカフェでした。

せっかく三宮まで行ったので、行きたい店は山ほどあったんだけど

めずらしく、2時過ぎになってしまったので、5時までランチがあるマチルダクックへ。

よく考えたら、ほかにもいろいろあったんだよなぁ・・・と反省。

どこかで、旨いと聞いたので行ってみましたが、まぁ普通かな。美味しいんだけど、感動がなかったかも。
[PR]
# by kaponta | 2005-12-03 12:06 | lunch | Comments(0)

南森町  和食 「箸の音」


箸の音
大阪市北区天神橋2-1-59
06-6353-0222
11:30~限定25食


なんだか、美味しい和食が食べたくなり、以前から気になってた限定のお弁当がいただける「箸の音」さんまで  チャリ  ダァァァ!と走らせました。

うっ・・・寒い! もーそろそろチャリがつらい季節だって事 忘れてましたぁ。

カウンター6席と、テーブル席10席ほどの小料理やさんのランチは

25食限定のお弁当 1000円

蓋付ののお弁当の中に四つに仕切られ、天ぷらゾーン・お造りゾーン・煮物ゾーン・細々ゾーン現る。

それに、自家製ジャコにゴマふりかけの、少し柔らかめのうまいご飯!

お味噌汁の具は、豆腐と三つ葉とエノキ茸。それに自家製お漬物。

天ぷらゾーンには海老・ししとう・サツマイモ。揚げたて、サクサク♪

お造りゾーンには、サーモンと、鯛。本わさびがきくぅ~♪

煮物ゾーンには、小芋・茄子・ひろうす・生麩。薄味が、ええ感じね。

細々ゾーンには、出し巻きや、小松菜煮物、黒豆、鰆西京焼、海老煮、栗甘煮など。

出し巻きのお味が、あっさりでジューシィ。

これで1000円だからぁ、お得といかいいようがない。

とても丁寧な手づくり感ありありのお弁当で、しかも穴場ときたら!

あまり世間に知られてないのは、なぁぜぇ!?・・・・・と、最初は思ってたんやけど

帰りにはなんとなく、納得!?

いやいや・・・・ツメが甘い・・・と、ちと感じられてしまったのよね・・・。

サツマイモの天ぷら♪・・・・ガリっ!?  栗の甘煮♪・・・・コロっ!?

あり・・!?  でけてへんやん・・みたいなっ

うっ、もーちょっとのところで、ガクッ! と感じたのが、至極でなく終わっちゃったのよねぇ~。

まぁ、たまたまだろう。 

全体的に、雰囲気もよかったし、コスパもむちゃええし。

わざわざチャリで行って、新たな発見ができました。 

この界隈、まだまだええ店がひしめいてます!!  いつの間にか、カツサンドやエビサンドのカフェもできてるしぃ~

和食の、ええかんじっぽいお店も又みつけました♪

だが・・・・これからの季節・・・・しばらくは無理かもしれぬぅ(*_*;
[PR]
# by kaponta | 2005-11-30 08:55 | lunch | Comments(8)

土佐堀 サンドイッチ  カルチュラタン


カルチュラタン
大阪市西区土佐堀2-1-2 西村ビル1F
06-6225-0007 土休
平日 08:00-23:00
日祝 11:00-23:00


ちょっと前から気になってたお店は、最近雑誌にも掲載されて、メジャーになりつつ?

ランチに、スープ・サラダ・ドリンクがプラス料金で食べれるサンドイッチがあると聞き行きました。

が!!!! ランチセットは平日のみ・・・・(>_<)

し・・・・知らなんだ・・・・。

サンドイッチは、700円から1000円の間で、6種類ほどあります。

セットはなく、「お野菜たっぷりサンドイッチ」 700円を注文。

出てきたのは、ハム・レタス・キュゥリ・タマネギの、いわゆる普通のサンドイッチ。

ランチセットなら、かなり感激はあったのかもしれない・・・・、けど

これなら、わざわざここまでこなくても、もっと近場でもよかったかも・・・と。

思ってしまうのでした・・・。

サンドイッチは、もちろんおいしく頂きました。

雰囲気も、土佐川をみながら、橋をみながら、ほんわかできたし、これが平日の職場ランチなら絶対、なごむ場所になるだろうと思わせる喫茶店。

店内ではジャズがながれ、静けさただようし、むちゃ好きな感じ。

休日にわざわざ、ここまできて、普通にサンドイッチを食べるのは・・・ちと悲しいだけ。

ひとりだしよっ!

一気に食べて、一気にでちゃったよ(笑)
[PR]
# by kaponta | 2005-11-29 08:52 | lunch | Comments(4)

五感  栗のロールケーキ

五感の季節限定栗のロールケーキ

季節ごとに、限定のロールケーキがでてくる五感ですが

実は、五感のケーキは初になります^_^;

なんだか・・・イマイチ買うタイミングと、買いたい感があわずでした。

あまぁぁい! 栗のフィリングに、しっかりめの生地がうまくマッチング。

ふわふわスポンジが一番好きですが、この栗クリームの甘さでいくと、このぐらいのしっかり目でいいのかも。

たぶん、それを狙ってのスポンジ作りなんだろうねぇ~

・・・と、勝手に思い込んでますが、違ってたりして!?(笑)

あれで、ふわふわやしっとり系だと、中身の味に負けてしまう気がしました。

うん、初の五感でしたが、なかなか美味くって、満足しちゃった♪

甘さは、栗の甘さなので、しつこいほどではないけれど、あまり多くは食べれないかもしれない・・・。

うーん、やっぱロールケーキがいっちゃん、好きだなっ♪

こーなったら、やはり食べたいのが、小山ロールだろうか・・・。
[PR]
# by kaponta | 2005-11-29 08:51 | スイーツ | Comments(0)

反省文なのです・・はい<(_ _)>

反省文

実は、一ヶ月以上も前にいただいたメールを、今になって気づきました・・・・。

更に、お食事のお誘いだったのに、何のお返事もしないまま今日にいたってました・・・。
な・・・なんて、失礼な奴だったのでしょう。

本当に、申し訳なく反省しまくりです。

もしかすると、コメントいただいておきながら、見落としている方が

いらっしゃるかも・・・と、ドキドキもんです。

こまめにチェックするよう、これからは十分気をつけようと

自分にカツ入れなおします。

失礼なふるまい、本当にすみませんでした。

この場をおかりして、陳謝いたします。

2005年11月25日  ponta
[PR]
# by kaponta | 2005-11-28 09:21 | ほか | Comments(2)

豊中 和&伊  新免館


新免館 ホテルアイボリー別館
豊中市本町3-1-16
06-6849-5040



豊中にある、日本家屋を改造したような作りのレストラン。

中では、和食とイタリアンが同時に楽しめるちょっと異色なお店。

なので、年齢とわず、好み問わず食べれるから、家族にもええ感じのお店です。

店内は、テーブル席と掘りごたつ席と分かれてますが、どちらでも好きなほうで食べれます。

確か、以前は中で和食と伊が分かれてたと聞いてたんだけど、今はどちらに座ってもどちらの料理も食べれるみたい♪

和・伊ともランチは997円からいただけます。

花御膳
    ・日替わり小鉢2種 (おでん・茶碗蒸し)
    ・天ぷら又はお造り  (お造り-はまち、よこわ)
    ・御飯・香の物
    ・汁物
    ・デザート (カボチャのムース珈琲風味)


伊太利 お手軽ランチ
   ・アンティパスト
    ・本日のパスタ又はピッツァ
    ・パン
    ・デザート
    ・コーヒー

ほかに、寿司御膳・新免御膳・イタリアンランチと、1500円以上のランチもあります。

今年後半は、胃が疲れてきたせいか!? もともと和食好きなのもあるけど、花御膳を注文。

冬のおつくりは、赤身系が多いね。そこそこ脂がのってて美味です

おでん風は、大根やごぼ天、すじ肉になぜか、鰤までついてました。茶碗蒸しは、具沢山。

ご飯、かやくご飯で、おかわり自由。薄味で、家庭的な味でした。

デザートのムースが、たぶんカボチャがベースなんだと思うんだけど、最後にふわんと珈琲の香りがして、あまったるさをカバーしてて、結構美味でした。

流石に和食には、コーヒーはついてないのね・・・。

ブーツだったので、テーブル席でいただきましたが、とてもゆっくりできました。

季節がいいと、もしかするとオープン的になりそうな大きなガラス扉で、お庭を拝見しながら食べれます。

むちゃおしゃれ!とは言いがたい、すこし古びた感もありますが、地元にあれば結構利用しそうなお店。

そこそこの味で、値段もそこそこで、満足満足でした。
[PR]
# by kaponta | 2005-11-26 13:36 | lunch | Comments(0)

道頓堀 ChankoDining 若


ChankoDining 若 道頓堀店
大阪市中央区道頓堀1-7-19 セラヴィスクエア中座2F
06-6212-4527
11時~翌日1時(Lo.24時)



行ってきました! 若ちゃんこっ。

ベースのダシは、4種から選べ 塩・味噌・醤油・チゲ

一番の人気は、塩鍋って事だったので、塩鍋を注文。

久々に、家族での会食は、自由に注文できるのが、一番!

で、コースではなく、単品とトッピングを少しずつ注文してみました。

ここの基本は、全て店員まかせ。なので手出しができない店員の鍋奉行。

だが! こーゆーのがキライな我が家は(笑) イライラ感が募るばかり・・・・。

しかもぉ、「うどん」じゃないのねぇ~(*_*;

トッピングの「らーめん」しかないのねぇ~!! 鍋に麺もついてねーのかよ!

鍋についているのは、野菜、つくね、豚バラ、豆腐だけ。それ以外は全てトッピングになります。

だから、高くつくのだこの店はっ。 

うどんがないから、仕方なくラーメンと、きのこの盛合わせと、葛を注文。

だいたい1000円前後のトッピングは、量が少ない・・・・。

最初は、ガマンして、店員さんのいいなりでしたが、取り分けまでしようとしたので

きっぱり断る(笑)我が家。好きなもんたべるねんウチは!

ケンカ売りにきたかのごとく(爆笑)、ラーメンは最初から持ってきてもらうし・・・

店にとっては迷惑な一家ご入店だったかも・・・^_^;

全体的に・・・・・・・・・・・脂っこい・・・・・・・てのが印象かな・・・・。

しかも、・・・・・・・・・・味が・・・・・・・・・・。

まずいわけではないんだけど、ゴマ油の味だけが、口の中をまとわりつき・・・。

どーも・・・どーも・・・我が家では納得のいかないまま終結してしまいました。

ほかに、出し巻き卵とサラダを注文。だしまきは、まぁそこそこでしたが

サラダは、ごま油の味しかしなく、おもわず「醤油」を頼む(苦笑)

ラーメンも・・・・うーん・・・・。

シメに雑炊を注文し、これも鍋奉行店員がしきって(まぁ、これはええけど)

取り分けは、自分たちで!とごねる(すみませんねぇ~)

もともと油っこいので、もちろん雑炊もこってり系でした(*_*;

うーん、鍋を食べてここまでモタれたのは、初めてかもしれません。

いや・・・決してまずかったわけではなく、我が家の舌には合わなかっただけでございます。

醤油ベースにしておけば、もしかすると好みの味だったのかも。

ともかく、一度食べてみたかった「若ちゃんこ」は、こんなもんなのでした、ちゃんちゃん
[PR]
# by kaponta | 2005-11-25 11:09 | ディナー | Comments(2)

週末の食べ歩きや、平日のお昼ごはんの事をずらずらぁ~と。偏食大王ですけど、どっかでワガママ言ってたべてまぁす♪


by kaponta
プロフィールを見る
画像一覧